リビング

注文住宅のメーカー選びで優先すること

私は今、岡崎市で注文住宅で契約をし間取りや外観など計画中です。岡崎市で何社ものホームメーカーを巡り、やっと注文住宅を契約する会社が決まりました。ホームメーカー選びで気をつけたいことは展示場の家はあてにしないことです。
どこのメーカーも展示場は一般の方ではとても建てることができない大きさ、いいなーと思うような間取り、家具などばかり設置してあります。実際契約して計画していると、キッチン1つとっても展示場のようなキッチンは設置するには費用がかなりします。では展示場に行ってなにを判断すればいいのか、それはそのホームメーカーごとに必ずある"こだわり"と自分が1番優先することが一致するのかを、ホームメーカーの営業の方と話して判断するのがいいと思います。
岡崎市の我が家の場合、1番優先したのは予算内でできるだけ大きな家で理想の間取りをできる家ではなく、小さくても良いから地震がきても揺れない家でした。大きな地震がきても崩れないというのは今の耐震基準では当たり前です。色々なホームメーカーへ訪問して営業の人に地震のことを聞いてもほとんどのメーカーは震度7が何回きても倒れません。
しかし、私が契約したメーカーは他のメーカーとは違い、地震きて崩れないのは今の基準では当たり前で揺れを少なくします。ということでした。注文住宅は自分が1番優先することと、ホームメーカーのこだわりが一致するところで契約するのをオススメします。

いつまでも住んでいられる注文住宅

妹夫婦が岡崎市に理想の注文住宅を建てるため、沢山貯金し綿密な情報集をし続けた結果、ついに岡崎市で念願の2階建ての注文住宅を建てました。夫の両親と同居してもいいように余裕のあるリビングと部屋数にこだわり、徒歩圏内にスーパー、コンビニなど主婦にも優しい立地で、駐車場付き隣の空き地には新しい自動車教習所ができるといった条件でした。
ダイニングキッチンと和室が1階にあり、料理をしながら家族ともちゃんとコミュニケーションが取れる作りとなっています。2階へ上がる階段も蹴り上げが緩く手すりもしっかりと作られているため、昇降の際の危険防止もできていました。廊下部屋間の段差もなくバリアフリー。住宅内の歩行もしやすくなっていて、高齢になっても安心な設計となっていたのもこれからの超高齢化社会を考える住宅といった感じです。
壁も白が基調で清潔感のあるスッキリとしたものになっています。アレルギー体質の妹夫婦は壁にもっとも気を付けていてたくさんある塗壁の中でも「珪藻土」を使っていました。結露を防止し、調湿効果があり、断熱性や保温性に優れてます。
そのおかげで、冷暖房にかかるエネルギーが少なくて済み、地球の温暖化対策にも役立つというエコ住宅!同じ岡崎市の実家がとても古い家で、妹はよくぜんそくなどを引き起こしていましたが、注文住宅のおかげで家族のアトピーやアレルギーが改善した!と大喜びでした。

岡崎市の注文住宅に住んで

7年前、岡崎市のインター近くの住宅展示場をいつもなら通り過ぎるところ、ゴールデンウィークということもあり、賑わっていたのを目にした家族の言葉に思いがけず車を停めたのが始まりで注文住宅を建てることになりました。それまで岡崎市で賃貸の借り上げ社宅に住んでいたので、漠然といつかは家を購入するだろうと思っていたものの具体的なことは考えていませんでした。
ただ、家計のことは、子供が小さいこともあり習い事や塾の費用がどの程度かかるか見通しは立てていたので、ただ見るだけという気落ちではなくどうせ見るなら具体的にと幾つかの家を見て周りました。今思えば当たり前ですが、どれも今すぐにでも生活できるような想像を掻き立てられるお家ばかりで、あっという間に注文住宅の夢が膨らみました。
家族それぞれ、同じように楽しんでいました。岡崎市の住宅メーカーの方は、もちろん気さくに質問にも応えてくれその中で、実際の青写真を一緒に考えてみましょう!と言ってくださる方たちと机に座って話をすることになりました。もう、勢いですね。ただ浮かれているわけにもいかないので、現実は土地も小さめでそこに建てる建物はさらにコンパクトになることを忘れないように話を進めました。
注文住宅というからには設計の段階がとても楽しく、家族の様子が楽しそうでそれが一番の思い入れになって、現在は掃除をしたりカーテンを洗ったり日々、少しずつですが愛着を感じて生活できています。

注文住宅は有名なメーカーに頼めば間違いありません。岡崎市で注文住宅をと考えている方は人気があって有名な「ウッドアートスタジオ」で建てるのがお勧めですよ。

注文住宅は確認とコミュニケーションが大切

注文住宅とは自身ですべて注文して家を建てるということ。実際に建てる段取りというものは大変です。間取りやクロスは当然ですが、こんなところまで決めなくちゃいけ…

キッチンとダイニングテーブル

UPDATE POST

NEW2016年11月10日
注文住宅は確認とコミュニケーションが大切を追加しました。
NEW2016年11月10日
注文住宅は大変ですがやりがいがありますを追加しました。
NEW2016年11月10日
ZEH住宅という選択肢を追加しました。
NEW2016年11月10日
注文住宅の特徴と納得が行くためにはを追加しました。

≫ 記事一覧へ